メッセージ

当たり前のことを
当たり前に

株式会社ほっとハウス
代表取締役 会長
宮尾 俊治

インターネットで物を買う。

今や、こんな当たり前のことが不安視されていた2000年代初頭、
いずれは、あらゆるものがインターネットを経由して購入できる時代が来ると、
株式会社ほっとハウスの基幹事業である、住宅設備のネット販売「ほっとハウス」は、スタートしました。

当時、住宅設備を取り巻く状況は厳しく、ネットで設備が売れるわけないというのが、
大方の見解で、ネットを敵視する業者が多くありました。
「リフォーム詐欺」の横行もあり、どうすれば業界のイメージアップとネットにおける認知を上げることができるかと、日々模索を続けました。

住宅設備のトラブルは、潜在的ニーズが、故障により顕在化した時には、すでに緊急事態であることがほとんどです。
我々の経営方針の一つに「当たり前のことを当たり前に」という言葉があります。
本来サービスを受けるべきお客様が、気持ちよくサービスを受け、満足してその対価を支払う。
この当たり前のことは、実は大きな副産物を産み、それこそが当社がリーディングカンパニーとして、インターネットにおける、当社の位置づけを確固たるものにしてくれたと自負しております。

通常、商品を購入する際には、お客様が商品を選び、その対価を支払い、店側が「ありがとうございました」
しかし、当社での流れは、お客様の「困った、助けて」に、本来あるべき「当たり前」の対応をすることで、対価をお支払いいただく際に、お客様のほうから「ありがとう」をいただけるのです。
これこそが、この業界を変える小さいながらも、大きな一手になると信じ、「ほっとハウス」は、サイト開設から12周年を迎えるに至りました。
今では、年間7000件を超える交換工事を行い、延べ7万件を超えるお客様に、ご愛顧いただいております。

これほどまでに、徹底してサービス向上に努めるのは、偏にこの業界を変革させ、一人でも多くの方に満足いただき、「ありがとう」を勝ち取り、その仕事における幸せを、多くの社員に伝えたいという思いが、続けることができている源となっております。
今では多くの業者が模倣しておりますが、納期のかかる特殊な給湯器の場合、レンタルの給湯器をお貸出しすることで、いち早くお湯が出る状況を作るサービスも、当社から始まったもので、しばらくお湯が出ない生活を覚悟されていたお客様からは、交換が完了する前から、スタッフは「ありがとう」の言葉をいただいております。

今後も、ITを取り巻く環境は、さらに進化を続け、6G世代には、あらゆるものが、ネットとつながり、人間の使う端末も多様に進化を続けるはずです。
しかし、ライフラインにかかわる事業を行っている以上、それを利用するユーザーの困ったに対応する血の通った対話は、AIにはまだまだ真似のできるものではないと思います。
これからも、社内が常に「ありがとう」で満ち溢れる会社であり続けるため、進化を続ける努力を楽しめる経営を続けていく所存です。
今後とも末永くご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

人から人へ心をつなぐお手伝い。

社員が誇りを持って
働ける会社に

株式会社ほっとハウス
代表取締役 社長
荻野 隆

今後、生き残れるのは、社会に必要とされるビジネスだけだと思っています。

1つ目は社会にとって、あってもなくてもいいような会社
2つ目は世の中にとって、便利な会社
3つ目は社会にとって、なくてはならない会社です。

我々ほっとハウスはこの3つ目にあてはまる会社になるため、日々、努力しています。
会社が社会に必要とされていると分かれば、社員は仕事に誇りを持てるはずです。
社員一人ひとりが「世の中の役に立っている」という思いを胸に、誇りを持って仕事に臨んでほしいです。

単に「営業成績を上げろ」と命じているだけではダメです。それでは良い人材は育ちません。
お客様が抱える課題を、いかに自社の商品・サービスで解決できるかを考え、企業としての価値を明確にします。
そして、私の役割はお客様や社員、関わるすべての人を笑顔に・幸せにすることです。

私は、周りに独立はやめた方がいいと言われてから、今年で創業12周年を迎えることができました。
食べる時間、寝る時間を惜しんで歯を食いしばり、負けてたまるか、やってやる!と前を向いてきました。

理想や夢は叶えるためにあり、そのために今日という日があります。
諦めなければ失敗はない、必ず成功する。
自分に満足せず、どこまでも高みを目指せ。毎日、自分に言い聞かせている言葉です。

今後も「この会社に頼んで良かった」と必ずご満足いただけるサービスをご提供いたしますので、
どうか末永くよろしくお願いいたします。

自らも進化をつづけて行く企業でありたい。

ほっとハウスでは、『お客様をお待たせしない』ことを重視し最速対応を社員一同心掛けております。企業は正直に優れた商品、優れたサービスを提供して利益を上げていくことが大切だと考えております。世の中の規範に反していたり不誠実であったり、ごまかしがあったりした結果としての利益では意味がないと考えます。

『一度きりの人生、
正々堂々と胸を張れる仕事をし、
少しでも世の中に貢献していきたい』

社員ひとりひとりがそんな気持ちを持ち 「一日一生」の精神に則り、日々全力でお客様の快適な住生活に貢献出来るよう努力して参ります。

近年インターネットを基軸とした社会生活は私たちの生活を大きく変え、企業活動においてもそれは例外ではありません。 技術の急速な進展とグローバル化の急激なうねりの中、これまでにないスピードで、さらにその様相を変えつつあります。 そのような変化にも柔軟に対応し続け、自らも進化をつづけて行く企業でありたいと思っております。

皆様にとって最良のサービスをご提供することで末長くご支持いただけるように社員一丸となって努力邁進いたします。 今後とも、より一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


株式会社ほっとハウス 名誉顧問
荻野 圭三